スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖夜

一応クリスマスカップ出場してました。

30戦ちょいで勝率は約五割、最終レートは1450くらい。

うーむ、やっぱあまり考えてない上に机上論だと、自分の実力から見ればこんなもんなんだろうなあ…。



面子

コジョンド(からてぬこ)@襷 猫だまし けたぐり 岩雪崩 ワイドガード
ミュウツー(リギエンダ)@珠 サイコブレイク 吹雪 波動弾 守る
ユキノオー(ゆきぐに)@オボン 吹雪 草結び 礫 守る
ギラティナ(ティアマト)@スカーフ シャドーダイブ 龍爪 ストーンエッジ アクアテール
トリトドン(マニング)@リンド 濁流 大地の力 凍える風 守る
ホウオウ(スザク)@残飯 聖なる炎 ブレイブバード 身代わり 守る



個別コメント


コジョンド
陽気ASぶっぱ

カポエラーと最後まで悩んだけど、せっかくだから別の面子でいこうってことで採用。
猫だましが効かず、先手を取れて有利に戦える伝説系が結構いるのは評価できると思う。
襷は発動機会も多かったけど、相手にしたいバンギラスの砂や自分のユキノオーの霰で潰されることも多々。
やっぱ格闘に襷は持たせたくないなあ。
立ち回りと全体を考えた上での構築の大切さを改めて実感。
NNは割とそのまま。厳密には猫じゃないらしいけど気にしない。


ミュウツー
臆病CSぶっぱ

ビクティニなんかも候補やったけど、伝説解禁戦となればやはりコイツの出番。
とりあえず火力は申し分ない。
ユキノオーと初めて組ませたけど、有名になるだけあってやはり強かった。
ただしシャドーダイブ一発で落とされることも多かった。後発に受けられるヤツおらんかったし。
登録直前で波動弾を採用したのは正解だったと思う。
以前は大文字だったけど、メタグロスと一回も当たらなかったし、ズルズキンやバンギラスに打ったし。
やっぱ強いポケモンだと思った。
NNはBOF5でリュウの最大攻撃力を誇る剣リギエーンダより。レジェンドのロシア語読みらしい。


ユキノオー
控えめHCベース耐久調整

ミュウツーのお供&カイオーガ対策ということで参戦。
耐久はミュウツーのジュエルサイコブレイク耐え&ダブルダメージ素吹雪2耐え。
活きたかどうかは不明。
持ち物はカイオーガやグラードンへ何度も出すこと考えてオボンにしたけど、あまりよくなかった。
氷ジュエルか襷だったらよかったかも。
また、礫もどうせ落とせないってことで微妙やった。
絶対零度でよかったと思う。
強いとは思ったけど、立ち回りが難しいポケモンですね。
NNは適当に。


ギラティナ
意地っ張りASぶっぱ

ミュウツーに強くてアルセウスの神速効かないからいいんじゃないかと思って採用。
ところが蓋を開けてみると、アルセウスの方がシャドーダイブしてくる上にこっちの攻撃は効果なしってことで逆にカモられる羽目に。
アクアテールはバンギラスに少しでも有効打があるようにしたかったので。
2耐えされたけど気にしない。
一応それなりに活躍してくれたけど、あんまりいいとこなかった。
幻ポケなし(GSなど)だったらそれなりに仕事できると思うんだけどなあ。
NNはBOF3の竜変身のひとつより。似てる上に強い竜なんですよ。


トリトドン
全国ダブルで割りと普通の調整

普段から使ってるトリトドンとは別個体。
カイオーガ対策及び後述のホウオウの相方として採用。
相手のホウオウに打点があるように水技がほしい、残飯をホウオウに持たせるってことで毒を採用しなかったけど、ギラティナやルギアやアルセウス相手にほしいと思う場面が結構あった。
ホウオウ以外の相方と特別噛み合ってるわけでもない点もマイナスだったと思う。
雨相手でもユキノオー突っ込むことが多かったし、残念ながら完全に空気でした。
NNは水理学で習った物理学者より。実は、やまポケ初参戦のポケモンの再利用だったりする。


ホウオウ
陽気ASぶっぱ

以前から使ってみたかった一体。
考えてたトリトドンよりもむしろコジョンドと組むことが多かったり。
火力で攻めることが少なく、後出しする場面も多かったので、配分はHSベースのほうがよかったと思う。
身代まも残飯型ってとこも活きやすくなるやろうし、相手を火傷させるしかないって状況も多々あったし。
決して悪いわけではなかったけど、基本的に上の4体で突っ込んでいたので選出は少なめ。
伝説系が全部耐久無振りってどういうことなんだろうか。
NNはGSの4匹を青龍・朱雀・白虎・玄武にしようと思った名残。当時の俺は何を考えてたんだろう。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。